情報の見方とコロナ

コロナウイルスと経済

これは1月7日にLINE@で配信した投稿になります。

リアルタイムな情勢と為替の動きは、毎日下のLINE@で配信してるので
興味があれば登録ください。かなり利益もあげやすい内容にもなってます。
※ブログは過去のLINE@の配信したものを記事としてあげています。





全体配信です。


今日は情報の見方とコロナについて触れようかなと。


今コロナ感染者がまた増えてきてますね。


でも実はワクチン二回接種者の方が
コロナに感染してる割合が高いのは知ってますか?

東京都、新たに641人感染 7日平均で前週の4.5倍 - 日本経済新聞
東京都は6日、新型コロナウイルスの感染者が新たに641人確認されたと発表した。600人を超えるのは2021年9月18日以来。直近1週間平均の新規感染者は218人で、前週(約48人)比で447.6%だった。都内の感染者は累計38万4526人となった。重症者は前日と変わらず


オミクロン株が増えてはきてますが、
これってどういうこと?って疑問に感じた方もいるのではないでしょうか?


データ的に見ればコロナによる死亡者数は
日本国内だけでいえば圧倒的に減ってきています。


ということは、ワクチンにより死亡率はさがるかも?
でもコロナに感染するリスクは変わらないのか?


でもワクチンを打ってない人のコロナ感染者も
死亡率が上がっているわけでもないと。


ということはワクチンは意味をなしていない可能性がある?
ワクチンを打ったら死亡率が下がる?


という一応ニュースからの情報から想定できる内容です。


あくまでもデータ上での想定の話にはなってきますが、
みなさんはこの話をどう思うでしょうか?


単に毎日感染者数のニュースは流れてますよね。


ちょっとコロナについての話をだしましたが、
情報というのは結構噛み砕いて、情報の先を自分で判断する必要があります。


ただ単に感染者数が増えてるから
やばいやばい!と騒ぐのではなく


え、でもここのデータ的にはこうで
ここのデータではこうなってるから


これは○○なんじゃないの?


という情報1つとっても結構疑問を抱く!
のが情報の読み取りの際にかなり必要になってくる能力になります。


今回はコロナを例に出しましたが、
これはコロナ関係なくいろんな情報で共通することです。


なんでこの話をしたかというと
投資で勝つには情報を自分なりに噛み砕いて
本質を判断したり、未来を想定する事が必要になってくるからです。


これは結構専門家がこう言っていたからこう!
という情報にも当てはまってきます。


例えば医者。


セカンドオピニオンという話を聞いた事ある人も多いと思いますが、


1人目の医者がこう診断した、
でも2人目に他の医者に言ったら違う診断された。
また違うところにいったら2人目と同じ診断をされた。


ようするに専門家である医者でも
間違う事があるし、適当なことをいう場合があるんですね。


投資でも、〇〇という人がこう言っていた!
だからこうなるかもしれない。


を情報を一方的に鵜呑みにしてしまうのではなく
○○と言っていたが本当にそうなのか?と
自分はどう思うのか?


という自分でその情報を噛み砕いてみて
自分で判断する能力が必要になってくるんですね。


そのために、いろんな情報を集めて
自分なりに分析してこうなるかな?と想定する事を
できるようになっといたほうがいいという事です。


情報は一方的に鵜呑みにしてしまう行為は
単純に他人に人生を左右される、他人に判断を任せるという
結構無責任な行為になるんですよね。


基本他人任せにしてる人は
ビジネスでも投資でも稼ぐことはかなり難しいです。


なので今回のコロナの件も含めて
情報にもう少し疑いを持ち、自分なりにその情報について
考えてみる!という意識を持ちましょう!


そこから結構いろんなことが見えるようになってきますよ!


FXグループ『アベンジャーズ』
興味がある人は詳細を読んでからアベンジャーズ希望と連絡ください。







日々為になる、稼ぐための必要な事をLINE@で配信しています。
興味がある方は下の画像クリックしてLINE@を追加してください。

※LINE@では最速で情報を受け取れます
※ブログでは過去の配信を上げています

興味ある人は
↓↓こちらをクリック↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました